株式会社心の整理

TEL:0120-212-556受付:08:00〜20:00【年中無休】

後見整理株式会社心の整理

超高齢社会を支える後見整理

まだまだなじみの薄い「後見整理」を、後見人の立場となって徹底解説いたします。

後見制度と後見整理

成年後見制度は精神上の障害 (知的障害、精神障害、痴呆など)により判断能力が十分でない方が不利益を被らないように 家庭裁判所に申立てをして、その方を後見してくれる人を付けてもらう制度です。また、成年後見制度は,大きく分けると,法定後見制度と任意後見制度の2つがあります。

  • 法定後見制度
    法定後見制度は,後見・保佐・補助の3つに分かれており、判断能力の程度など本人の事情に応じて制度を選べるようになっています。
    後見
    判断能力を「欠く常況にある」方を対象とする。
    保佐
    判断能力が著しく不十分な方を対象とする。
    補助
    判断能力が不十分な方を対象とする。
  • 任意後見制度
    任意後見制度は,本人が十分な判断能力があるうちに,将来,判断能力が不十分な状態になった場合に備えて,任意後見人を自らがあらかじめ選んでおく後見制度です。

後見整理の事例

高齢で認知症の方のケースに見受けられる在宅介護を受ける際の居宅内整理。居宅内がゴミ部屋状態となり、現状では居宅内の介護や介助を受ける事が出来ない場合等、後見人の方と意見交換を行い整理をします。

株式会社心の整理
株式会社心の整理
株式会社心の整理
株式会社心の整理

お気軽にご相談ください。お問い合わせはこちら